家を購入したのに転勤|リスクを下げて不動産投資信託を安定させるコツ
婦人

リスクを下げて不動産投資信託を安定させるコツ

家を購入したのに転勤

部屋

住宅ローンの助けになる

会社勤めをしていると勤務地を自分で選ぶことができません。家を購入したのに遠方に転勤を命じられるということもあります。単身赴任という選択をする人もいますが、できれば家族は一緒に住みたいものです。そういった人に人気なのがリロケーションです。リロケーションとは転勤している間だけ、他の人に家を貸すことです。通常の賃貸と違うのは貸す期間をあらかじめ決めておけるので、赴任地から戻ってきたらすぐに自宅に住むことができるようになります。またリロケーションで家を貸しておけば家賃収入を得ることができるので、家のローンの支払いも楽になります。また誰も住んでいない家は手入れがされないので劣化しやすいのですが、それも防ぐことができます。

契約はしっかりと

大切な家を貸すのでなるべくきれいに使ってくれる人を選びたいものです。その為リロケーションの場合には借りる人が家賃の支払い能力があるかを確認する他に、生活習慣や人となりを調べておく必要があります。良い借主が見つかれば家もきれいに保つことができ、泥棒などに入られるリスクも減ります。契約する時には自分の希望を明確にして、違えた時の保障なども契約書に明記しておいた方が後々のトラブルを避けることができます。リロケーションの場合には通常の賃貸に比べて契約が難しい事が多いので、リロケーションを取り扱っている不動産会社や管理会社に依頼するのが一般的です。取り扱う会社の中には、会社が家を借り上げて他の人に貸すという形態をとっているところもあります。