男の人

リスクを下げて不動産投資信託を安定させるコツ

忙しい方には魅力的

家族

空室を発生させないためには、営業を行ったり付帯サービスを設けるなどの工夫が必要となります。マンション・アパート経営に時間を割けないという方は、サブリースを検討してみると良いでしょう。家賃保証システムでリスク回避ができ、管理業務や家賃の回収、クレーム処理などを任せることができます。

詳細を読む

メガ大家になるために

積木

マンション投資に成功したメガ大家という人は1億円超のRC物件を複数所持しているという特徴があり、向上心も高く、常に先を見据えています。マンション投資の失敗を避けるには物件選びが大切です、多少価格が高くても人の出入りの多い地域の物件を買いましょう。

詳細を読む

家を購入したのに転勤

部屋

リロケーションは自分が住めない間だけ、自宅を他の人に貸すことです。家賃収入が入るので家のローンの支払いも楽になり、家の劣化や泥棒に入られるリスクも減らせます。リロケーションは契約をきちんとしておくことが大切なので、取り扱っている不動産会社に依頼した方が良いでしょう。

詳細を読む

かなりリスクが低くなる

硬貨

何に投資しているか

不動産投資は株やFXなどの金融投資と比較してリスクが低いのですが、リスクが全くゼロというわけではありません。日本は少子高齢化が進行し、都市と地方の格差が大きい、オリンピック以降の不動産価格が下落する可能性など不安材料があるため、上手くいかないおそれが十分あります。そこで、リスクを最小限に抑えた上で投資をしたいのであれば、不動産投資信託をオススメします。不動産投資信託で少しでもリスクを抑えるために工夫するべきことがあります。それは投資先がどうなっているかを確認することになります。オフィスビルに特化しているものではなく、複数の用途を組み合わせる複合型や用途を限定しない総合型の不動産投資信託を選ぶべきです。

強みは何か

それでは不動産投資信託の強みはどういう点になるかについて見ていきます。まず仕組みですが、株などの投資信託と同じで投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、住宅、ホテルなどに投資して、それで得た家賃収入と売買益を投資家に分配していくというものになります。強みとして、10万円程度の少ない金額から始めることができる点が挙げられます。普通に不動産投資を行うと少なくとも100万円は必要になるので、少額でスタートできるのは評価できます。また、不動産投資のプロが運用するので、素人が行うより明らかに高い成果が期待できる強みがあります。リスクが低いといっても失敗している方も結構いるので、堅実な選択をしたい方は運用してもらえる不動産投資信託が良いと思われます。